2007年の活動履歴

『K4-MIMESIS-【擬態】』

●日時:

2007年 7月24日(火),25日

●会場:

スペースゼロ (新宿駅南口5分)
  
○出演団体:
DANCE VENUS (代表=武元加寿子)
Dance-SHAN (代表=加賀谷香)
ダンステアトロ21 (代表=能美健志)
ドラスティックダンス“O”(代表=前田清実)

●構成・振付:能美健志
●ダンスミストレス:軽部裕美
●ピアノ演奏:小笠原聖子
●衣裳:金田かお里
◎照明: 丸山武彦
◎音響: 柏環樹
◎舞台監督: 柴崎大
◎宣伝美術: ガッツ水内
◎題字: 奈津葉金魚
◎記録映像: リムーブイメージ
◎制作: アン・クリエイティブ
◎企画: トーフ工房+アン・クリエイティブ
◎主催: トーフ工房+IMAホール

 
>page topへ

]能美健志ソロパフォーマンス
BIOTOPE
ビオトープ

公演日時:

2007年 3月16日,17日,18日
●会場:

TEMPORARY CONTEMPORARY

構成・振付・出演:能美健志
構成・演出:さとうじゅんこ
(project suara)
音楽: 種子田郷 (project suara)
音響デザイン: 磯野順一(Taguchi)
衣装: 川口知美(COSTUME80+)
映像: michi
照明: 加藤いづみ
主催:能美健志&ダンステアトロ21
会場協力:TAMADA PROJECTS ART SPACE
音響機材協力:
助成:日本芸術文化振興会
舞台芸術振興事業
制作:ダンステアトロ21
/ レイヨンヴェール

レビュー
● チャコットウェブマガジン Dance Cube
● Video CORPORATION :
予告ムービーが紹介されています


graphic design: Hidehiko Miura(Cloud Design)
costume: Tomomi Kawaguchi

生と死のはざまには
ただひとつのいのちがある
なわばりを放たれ本能を逸脱したわたしたちは
世界の主体として君臨し
身体をその隷属におとしめた
それでも自然は超然と人間に無関心で
決してそのまなざしが交わることはない
-さとうじゅんこ-

能美健志&ダンステアトロ21として群舞とデュオの振付を極めてきた
能美健志の初ソロ作品。
過去と未来が交差する月島のギャラリーに、
時代の生命体としてのリアルな人間像を描く。
05年「四季」での共演で話題を呼んだ歌い手・さとうじゅんこが
演出家として能美の身体を解体/再構築し、
3作目の共演となる種子田郷の不可視の身体としての音響空間、
そして衣装・映像・照明など、
各々が対等な立場でクリエイションに臨み、能美の新境地への扉を開くだろう。

1 2 3 4
photo : Haru

 


>page topへ
> サイトトップページヘ