2008年の活動履歴

「from point to point」 改訂版 
  IMA旬ダンス Vol.2 「踊りん坊侍」 セカンド●日時: 2008年 6月6日(金)
●会場: 光が丘IMAホール
●出演: 軽部裕美・藤原智美・岡田桃園・渡辺由美・長濱加美・森まどか・田山友賀・佐藤幸枝・福田紗千・贄田麗帆・坂田守・青剣・能美健志

●構成・振付:能美健志
●ダンスミストレス:軽部裕美
●ピアノ演奏:小笠原聖子
●衣裳:金田かお里
◎照明: 丸山武彦
◎音響: 柏環樹
◎舞台監督: 柴崎大
◎宣伝美術: ガッツ水内
◎題字: 奈津葉金魚
◎記録映像: リムーブイメージ
◎制作: アン・クリエイティブ
◎企画: トーフ工房+アン・クリエイティブ
◎主催: トーフ工房+IMAホール

「Point to Point」公演写真 撮影 手塚愛子
>page topへ


LISSAJOUS
リサージュ〜3つの波形 記憶の触感

●日時: 2008年 3月24日(月) 25日(火)
●会場: TOKYO FM HALL
●出演: 能美健志、軽部裕美、三原淳子(ピアノ演奏)


「ダンスに取り巻く意味性を放棄しよう」
これは旅の続きである。
2007年3月の「ビオトープ」から始まった能美健志の実験という長い旅。2007年9月、ドイツ・ポーランドにて新作「Skin」の公演を成功させ、そのミニマルな手法にさらに磨きをかけた能美健志と軽部裕美。今回は1990年から共に踊り続けてきた二人が初めての長編デュオに挑む。ピアノ演奏に三原淳子を迎え、生ピアノによる数々の名曲にのせてダンスナンバーを披露。ただひたすらに美しいピアノの響きの中でありのままに踊る。それは3つの波形が奏でる組曲。少し贅沢なダンスと音楽。そして、少し大人な時間。

● 演奏曲
ドビュッシー 「月の光」
ラフマニノフ 「パガニーニ・ラプソディー」
ショパン 「雨だれ」
その他ジャズ、現代音楽など全10曲ほどを予定。
構成 能美健志
振付 能美健志、軽部裕美
出演 能美健志、軽部裕美、三原淳子 (ピアノ演奏)
照明 磯野眞也 (有限会社アイズ)
衣装 川口知美 (COSTUME 80+)

主催 能美健志&ダンステアトロ21
助成 平成19年度日本芸術文化振興会 舞台芸術振興事業
制作 ダンステアトロ21 / レイヨンヴェール

デザイン 柳沼博雅 (バーソウ)


Video 1min43sec
「リサージュ」公演写真 撮影 たきしまひろよし
 
>page topへ
 

新国立劇場小劇場 ダンス名作展
●作品名「シャコンヌ」
●振付・出演 平山素子、能美健志
●日時:1月18-20日
●会場:新国立劇場小劇場

>page top

> サイトトップページヘ